お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-81-0212


HOME > 日本酒 地酒 >その他系

その他 (普通酒・本醸造酒)

純米酒とは文字どおり、純粋に米だけで造られている物で、醸造アルコールなどは一切添加されていません。醸造アルコールの効果が発見される以前のお酒は、もともと純米酒と言われておりますので、昔から日本人に親しまれている日本酒の原点と言えるお酒かもしれません。特徴といたしましては、精米歩合が70%以下に規定されているので、原料米の特性が一番良く現れているお酒だと言われています。米本来の芳醇な香りと、コクのある味わいが特徴だと言われております。

【本醸造酒】

原材料が、米、米麹、水、醸造用アルコールで造られるお酒で、原料米1トンあたり100%換算して120リットル以下の醸造用アルコールの添加が認められています。
精米歩合は、本醸造で70%以下となっており、特別本醸造では吟醸と同じ60%以下と低くなっています。
スッキリした味わいのお酒になる傾向があるようです

【普通酒】

原材料が、米、米麹、水、醸造用アルコールで造られるお酒です。
本醸造酒に比べて醸造用アルコールの添加量は多くなり、量的な制限はありません。しかし、添加量が多すぎるとアルコールの辛さだけが目立ってしまいますので、おのずと量は限られてきます。
もっとも経済的なお酒です

≪精米歩合とは≫

玄米の表層部には、たん白質. 脂肪.無機質など日本酒の香味や、色調を劣化させる成分が多く含まれています。これらの部分を取り除く事を精米といいます。
当然、精米すればする程純粋になり、雑味が入りにくく米の旨みが生かされます。
尚、精米歩合 40%というのは、真ん中の40%を残し、周りの60%を取り除いた事になります。

≪醸造用アルコールとは≫

さとうきび等を発酵、蒸留させた高純度エチルアルコールの事で、原料には、米で造った物や、麦やトウモロコシで造った物などもあります。

 

普通酒

原材料が、米、米麹、水、醸造用アルコールで造られるお酒です。
本醸造酒に比べて醸造用アルコールの添加量は多くなり、量的な制限はありません。しかし、添加量が多すぎるとアルコールの辛さだけが目立ってしまいますので、おのずと量は限られてきます。
もっとも経済的なお酒です。

本醸造酒

原材料が、米、米麹、水、醸造用アルコールで造られるお酒で、原料米1トンあたり100%換算して120リットル以下の醸造用アルコールの添加が認められています。
精米歩合は、本醸造で70%以下となっており、特別本醸造では吟醸と同じ60%以下と低くなっています。
スッキリした味わいのお酒になる傾向があるようです。

 

 

ページの先頭へ

 

お気軽にお問い合わせください。地酒のヤスイ。〒615-08287 京都府京都市右京区西京極南方町20番地 電話番号0120-81-0212 ファックス番号075-311-6789 商品についてのお問い合わせはこちらから。

ページの先頭へ