お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-81-0212


HOME > 日本酒 地酒 > 近畿地方地酒 >春鹿 超辛口 純米酒

春鹿 超辛口 純米酒

春鹿

超辛口のお酒お探しの方

春鹿といえばこの超辛口純米酒。

香りよく幅のある味わいは、これぞ辛口酒と目から鱗の旨さ!

 

春鹿 超辛口 純米酒

商品名 春鹿 超辛口 純米酒
容量 1,800ml
酒質 純米
産地 奈良県
蔵元名 今西清兵衛商店
原料米 -
精米歩合(%) 58%
日本酒度 +12
酸度 1.5
アミノ酸度 --
酵母 -
アルコール度数(%) 15〜15.9
端麗 1 2 3 4 5 濃厚
甘口 1 2 3 4 5 辛口
香り 低い 1 2 3 4 5 高い
商品番号
10110001
価格
 2,720(税別)送料別


 

年に一度の限定酒 30BY

 

 春鹿の看板商品『純米超辛口』の特別限定酒。

蔵元の柱商品「純米超辛口」は、毎年数十本仕込まれます。
その中から古川杜氏自らが選んだ醪を、連続式上槽機の“無圧流出の中取り部分だけ”を採り、アルコール度数を調整し生詰、湯煎瓶燗、冷水とシャワーを併用した急冷によって完成するのが『純米超辛口 中取り』です。
連続式上槽機の無圧部分は1本の醪から45%ほどしか取れません。
今年は合計6本の醪を無圧搾りで仕立て分け、2種類の「中取り候補酒」を用意してくれたのです。今期の造りで勇退する古川杜氏がニッコリと「どっちもイイ超辛口だ」語った表情がとても清々しく映ったようです。杜氏は佐藤秀明氏に引き継がれます。
その古川武志杜氏から皆様へ 熱い熱いメッセージをいただきました。

★この挑戦の続きは、若い蔵人に託しています … 古川武志杜氏
今年の原料米の傾向として、麹の育成はキッチリと出来ていたが、比較的米が溶けやすく、辛口になりにくい条件だった。醪で米を溶かさず、アミノ酸の数値を上げないというのがここ数年のテーマとして取り組んでいるので苦労があった。
『旨味のある超辛口を目指す!』という命題は、今年も継続中なので、私の最後の酒づくりの中で、+12〜+13という原酒が上手に揃ったのは、発酵に関して、とても安定させることが出来たからだと思う。
「超辛口中取り限定酒」に取り組み今年で7年目。毎年美味しい?と言って貰えるのは嬉しいことでした。今まで春鹿での28年間の酒造り、超辛口を何本も仕込んできた。『春鹿の超辛口はこういう味だ』と決めつけず、旨味や香味、風味とキレ味。試行錯誤を繰り返し、その瞬間の美味しいを求めていっぱい挑戦してきた。この挑戦の続きは、若い蔵人に託しています。
これからも、春鹿の蔵人一丸となって頑張りますので、皆様どうぞ応援してあげてください。

 

 

春鹿 超辛口 中取り

商品名 春鹿 超辛口 純米酒 中取り
容量 1,800ml
酒質 純米中取り
産地 奈良県
蔵元名 今西清兵衛商店
原料米 五百万石
精米歩合(%) 60%
日本酒度 +12
酸度 1.7
アミノ酸度 1.2
酵母 協会901
アルコール度数(%) 16
端麗 1 2 3 4 5 濃厚
甘口 1 2 3 4 5 辛口
香り 低い 1 2 3 4 5 高い
商品番号
10110002
価格
2,800円(税別)送料別


 

 

 

ページの先頭へ

蔵元紹介-今西清兵衛商店

創業/明治17年(1884年)

杜氏/吉川武志(南部杜氏)

西暦710年、日本で最初の国際首都奈良は日本酒発祥の地とも云われている。家康に『奈良酒をもって最上となす』といわしめた南部諸白を今に伝える名醸蔵は、欧米でも人気を博す。

 

 

ページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください。地酒のヤスイ。〒615-08287 京都府京都市右京区西京極南方町20番地 電話番号0120-81-0212 ファックス番号075-311-6789 商品についてのお問い合わせはこちらから。

ページの先頭へ