[予約〆6月23日 / 6月30日入荷予定]若戎 夏詣酒

[予約〆6月23日 / 6月30日入荷予定]若戎 夏詣酒

日本の元気を取りもどそう。笑顔に乾杯!!若戎 1年の折り返し過ぎし半年の無事を感謝。来たる半年の平穏を願い夏詣酒(なつもうでざけ)で笑顔に乾杯!
6月30日 1年の半分という筋目に半年間の無事を祈るべく「夏越しの大祓い」でお祓いを受けたお酒です。

夏詣とは?

我々日本人は大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め翌日の元旦は新しい年に始まりとして、その年の平穏を願い神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。
その始まりから6ヶ月、同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、過ぎし半年の無事を感謝し来る半年の更なる平穏を願うべく、年の半分の節目として、7月1日以降にも神社・仏閣に詣でます。
若戎では、氏神様の大村神社に茅の輪を奉納し、夏詣にお詣りの皆様に茅の輪くぐりをしていただいております。

蘇民将来(そみんしょうらい)が、旅の途中の素戔嗚尊(すさのおのみこと)に、一宿の恩義として「疫病が流行したら茅の輪を腰につけなさい」とお言葉をいただいた。その通りにしたところ家族が疫病から免れることができたと言い伝えられているそうです。