春鹿 無圧搾り 中取り 生もと純米超辛口 720ml

¥1,550

うら春鹿ラベルシリーズ。もろみを搾る際、圧力を掛けず自然に滴り落ちる珠の様なしずくを一滴一滴、1,000Lだけ集め、火入れや加水処理をせず生原酒のまま瓶詰め致しました。1,000Lというごく少量のため、限定12本のみの入荷です。辛口らしいミネラル感と爽やかな酸がありなめらかでトロリとした口当たり、若干クリーミー感。お料理を包み込むような深い味わいとキレをお楽しみいただけます。

商品名 春鹿 無圧搾り 中取り 生もと純米超辛口
商品番号 10110042
容量 720ml
酒質 無圧搾り中取り生もと純米超辛口
産地 奈良県
蔵元名 株式会社今西清兵衛商店
原料米 五百万石(福井県)
精米歩合(%) 60
日本酒度 +12
酸度 2.1
アミノ酸
酵母
アルコール度数(%) 18
端麗 1 2 3 4 5 濃厚
甘口 1 2 3 4 5 辛口
香り 低い 1 2 3 4 5 高い

在庫11個

オプション

  • 進物用箱はコチラよりお選びください。
  • 熨斗(のし)はコチラよりお選びください。
  • クール便での配送はコチラよりお選びください。
CAUTION

6月から9月は生のお酒は、クール便を推奨します。
通常便の場合、生のお酒は品質に保証はできかねます。
クール便でのお申し込みはコチラをカートに追加してください。

説明

蔵元紹介-株式会社今西清兵衛商店

日本の酒発祥の地、南都・奈良で伝統の酒造りを今に伝える蔵。蔵の歴史 明治17(1884)年に現在の地において酒造業を始めた。酒名は春日の神々が鹿に乗って奈良の地へやってきたという伝説から「春日神鹿(かすがしんろく)」と名付けられ、後に「春鹿」と改めた奈良は日本の酒発祥の地。「諸白造り」「段仕込み」「火入れ」など、室町時代にかけて奈良で確立された画期的な技法と、奈良を指す地名”南都”より「南都諸白」と呼ばれた伝統を今に伝える銘醸蔵。常に酒質向上に努め、発泡純米酒や木桶造り、リキュールなどにも挑戦し続けている。

レビュー

レビューはまだありません。

“春鹿 無圧搾り 中取り 生もと純米超辛口 720ml” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です