超久 純米吟醸 備前雄町 2016 無濾過生原酒  28BY 1,800ml

¥3,144

超久(ちょうきゅう)とは?

地元和歌山県で「長く久しく愛される酒でありたい」という先代の想いから名付けられた銘酒「長久」

その長久を”超える酒”を目指して醸したのが「超久」です。

 「超久」は、そのすべて無濾過生原酒。生原酒を-5度の「氷室貯蔵庫」でじっくりと熟成させることで、フレッシュ感を保ちならも、米の旨味を引き出しております。

熟成期間・酒米の違いによって異なる、それぞれの酒質・味わいを飲み比べて下さい。

米の旨味をそのままに、キリッとしたキレのある備前雄町特有の旨味を活かした純米吟醸酒

備前雄町とは

雄町は酒造好適米の中で唯一100年以上前に発見され、その栽培の難しさから絶滅の危機に瀕した酒米です。現在流通している酒米の殆どは雄町を元に交配・開発され、酒造好適米の祖先とも言われています。

味わい

ふくらみのある豊かな味わいの酒を醸したいと、備前雄町を全量使用。今までの柔らかくふくらみのある酒質に、キレの良さが加わり、バランスの優れた酒質に仕上げています。

雄町ファンには是非とも召し上がっていただきたいです。

商品名 超久 純米吟醸 備前雄町 2016 無濾過生原酒  28BY 1,800ml
商品番号 10640003
容量 1,800ml
酒質 純米吟醸無濾過生原酒
産地 和歌山県
蔵元名 中野BC株式会社
原料米 備前雄町
精米歩合(%) 55
日本酒度 -6
酸度 2.1
アミノ酸度 2.3
酵母 9号系
アルコール度数(%) 17
端麗 1 2 3 4 5 濃厚
甘口 1 2 3 4 5 辛口
香り 低い 1 2 3 4 5 高い




説明

株式会社 中野BC

平成29醸造年度から前蔵にて杜氏をされていた武田博文氏を杜氏として迎え入れ、新しい酒へのチャレンジをスタートさせました。純米酒「超久」は若手である副杜氏岡田光忠杜氏武田博文が率いる若手スタッフが共に手掛ける超久。新生中野BCの蔵人チームご期待ください。

レビュー

レビューはまだありません。

“超久 純米吟醸 備前雄町 2016 無濾過生原酒  28BY 1,800ml” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です